2016/01/19 断熱のこと

注意!ヒートショックの危険

爆弾低気圧が原因で急激に寒くなりました。
やっと本格的な冬になりましたね。

さて、寒くなると気を付けなければならないのが
ヒートショック・・・・。

特に住宅内の急激な温度変化により血圧が変動し
脳梗塞や心筋梗塞を引き起こします。

毎年のようにTVなどでも注意を呼びかけていますが、
いっこうに被害が減らないのが現実です。

まだまだ、温熱環境に環境に配慮した住宅少ない現実。

あったかい住宅づくりの専門店の松山工務店としても
本当に悲しい限りです。。。。

そもそも、ヒートショックはなぜ起こるのでしょう?

最大の要因は、
脱衣室や浴室、廊下などの寒さです。

たとえば、脱衣場で服を脱いだり、
浴室に入り冷たい床に触れると
体温を奪われないように、血管を収縮しその結果
血圧が上昇!
湯船につかり交換神経の刺激や水圧による心臓負担で
さらに血圧上昇!!
体が温まると血管が拡張して、今度は血圧が急下降!
脱衣場に移動で、寒さを感知し、
またまた血管の収縮により血圧急上昇!!

といった具合に体の中は大変なことになります。

さて、要因をご理解いただき、ここから本題。
どうすれば、防げるか!
一番危険な入浴時を例にあげます。

①浴室と脱衣室を暖めておく
②浴槽に入る前に手足からお湯を掛けてゆっくり体を温める
③いっきに浴槽につかるのではなくゆっくり体を沈める
④浴槽から出る時もゆっくり出る
⑤お風呂上がりの飲酒はひかえめに

体の仕組みを考えると、最低限前述の事に気を付けたいものです。
また、入浴後の水分補給もお忘れなく。

すでにあったい家の方は、そこまで心配いらないかもしれませんが、
前段の体に掛ける負担については参考にして頂ければと思います。

当社では、あったかい家づくりの専門店として新築はもちろん
断熱リフォーム、暖房設備についてもご案内できますので
ご興味ある方はお気軽にお問合せくださいませ。

メールでのお問い合わせはこちら

2016/01/18 断熱のこと

便利な断熱サッシ・・ドレーキップ

最近になってTVで『ドレーキップ』
というサッシのCMをみました・・。

ドレーキップは
内開きと内倒し
の2通りの開け方が出来るサッシです。

当松山工務店では、20年以上前から
施工していました。
結構、歴史は古いんです。
TVCMで紹介されるくらいだから、まだまだ
ご存知ない方も多いのでしょうか?

写真はトイレに設置した例です。
内倒しの場合は、防犯上も有利です。
大きく開けたい、または、掃除の時などは
内開きにできて便利です。

お風呂、脱衣場、トイレなどの水回りに
特にお勧めのサッシです。
小雨程度なら、雨水の侵入も防げます。

値段は縦スベリサッシに比べ、高めですが
4,000~5,000円程の差額で可能です。
(網戸込み)

樹脂サッシのパイオニア『エクセルシャノン』製
だから、断熱性能も気密性能もばっちり。
もちろん結露対策も。
★新築でなくても、サッシのみの交換も可能です。

ご興味ある方は、ぜひお問合せくださいませ