2016/12/17 換気のこと

お風呂の換気の仕方

他工務店で建てたお客様からユニットバスの換気扇交換をご相談いただきました。
あまり細かな事だからそっちへは頼みにくい・・と。

当社にとっては「小さな事こそが大事なお仕事」としていますので
早速に交換させていただきました。

今までとほぼ同じ換気扇ですが、一応使い方をご説明しました。
そこで、びっくり!
失礼ですが、ちょっと間違った使い方をされていたのです。
そもそも、お引渡しのときに説明を受けた記憶がないそうでしたが。

窓を開けて換気扇を回していたとか。。。
それではちゃんと空気が動かない!
つまり換気しずらい。

お風呂の換気扇は
必ず窓とドアを締め切った状態で行います。
そうすると、一番効率よく換気できます!

なぜなら、空気の入り口と出口がはっきりして
空気がしっかり動いてくれるから。

ユニットバスなら気密性が良いのでなおさらです。
ドアにはちゃんと通気口がありますし。(これが入り口)
空気が効率よく動いて
換気扇から湿気を排出できます。(これが出口)

このご説明で奥様もご納得いただいたようでした。

換気効率を良くするには
隙間(漏気)をなくし入り口と出口を明確にすること!

住宅全体の計画換気と同じですね!

2016/01/28 換気のこと

インフルエンザ・・・湿度管理も重要!

我が家の子供がインフルエンザにかかってしまいました!
長男(10歳)長女(7歳)次女(4歳)全員が・・。
私と嫁さんは何とか大丈夫ですが。
感染ルートは小学校かな~?

手洗い、マスク、こまめな手の除菌はよく知られていますが、湿度を気にする事も重要のようです。
(結露対策にとっても大事ですがね)

ウィルスの生存率で
室温21-24度で湿度20%―6時間後は60%の生存率
同じ室温で湿度50%―3-5%の生存率
という研究結果がでているようです。

高断熱高気密住宅では冬場の室内は乾燥しがち。

最近では加湿器の性能も上がっています。
我が家も加湿器をつかって湿度を確保しはじめました。

実は、
湿度管理は大変難しいものですが、おさえておく事は大事。
ちなみに、デジタルの湿度計は誤差が出やすい事は
ご存知でしょうか?
実際、お店にならんでいる湿度計をごらんください。
結構数値がバラバラです。。。。

湿度計については、ちょっとアナログですが
湿式・乾式温度計がおすすめです。
これがお手軽でかつ、割と正確に湿度がわかります。

ウィルス対策だけではなく、結露対策にとっても
湿度管理は大事です。

ぜひ、ご一考ください!

2016/01/14 換気のこと

計画換気を確かめる!

当松山工務店では計画換気については
25年以上前(1990年頃)から取り組んできました。
その後、日本の法律で住宅の24時間換気設備が
義務付けになったのですが、、、
ちょっと心配があります。

それは、
24時間換気設備が想定(設計)どおり機能して、
ちゃんと空気の入れ替えができているかどうか?

これが出来ていないと、室内の空気が淀んで
冬場のサッシ面の結露や夏場の湿っぽさの原因になります。

実は、あまり確認している住宅会社さんは少ないのですが
換気風量測定を行うと簡単に
換気設備の機能チェックはできるんです。

松山工務店では換気風量測定を実施しています。

義務だから24時間換気設備を付けるのではありません。
ちゃんと計画通り機能する換気設備が必要なんです。
あたりまえですが・・・。

今では、何をどうすれば計画換気ができるか、
ちゃんと機能する換気設備となるか
風量測定をしなくてもある程度はわかるようになりました。
が、ちゃんと換気風量測定しておくことは、
やはり品質確保のためには必要です。

目に見え辛い計画換気ですが、
結露という形で目に見えちゃいますからね。

2016/01/10 換気のこと

サッシの結露が気になるんですが

この時期はサッシの結露に悩まされる方が多いようです。

冷たいモノに湿った空気が当たった時に、起こる現象が

結露です・・・よね!?

夏場の冷えたガラスコップの水滴とか、
冬場のサッシのガラス面の水滴とか。ひどいと凍りついたり。

『冷えたモノ』『湿った空気』が原因らしい・・ですが。

ちなみに『住宅』では目に見える結露目に見えない結露がある事実
ご存知ですか?

目に見える結露・・・前述の通りサッシとかガラス。お風呂のタイルも。
目に見えない結露・・・壁の中や天井・床下の裏
 これが怖いのです。見えないと気づきにくいから。

結露の水滴(水分)は木材を柔らかくします。強度も落ちます。
更には腐る・カビが生える。ダニの発生。シロアリの危険も。

では生活しながら結露を防ぐには?

①湿った空気(水蒸気みたいな)を断つ。
②空気の入れ替えをする。(湿った空気を外へ逃がす)
③湿度の管理をする
④冷たいモノを無くす(モノ同士で極端な温度差をつくらない)

①は人間の体からも水蒸気は出ますので不可能ですが、意識を持つことは大切。
 観葉植物や水槽などに配慮する・対策をとるべきです。
②つまり適切な換気ですね。ちゃんと設計どおり換気できているか?検査の必要があります。
(詳しくは断熱・換気の事へ)
③積極的推奨はしませんが開放型石油ストーブ(ファンヒーターや反射型石油ストーブ)を
 使ってもしっかり湿度管理できればOKと考えられます。
でも、開放型ストーブはあくまでも一時的な補助暖房としてお使いいただきたいです。 
④ガラス面は市販の緩衝材(結露防止シートなど)である程度はOKです。極端な温度差を軽減できます。または、断熱サッシや二重サッシの施工で対応できます。(詳しくはサッシのことへ)
 ただし、壁の中については適正な工事がされているかによりますよね。

新築の場合はもちろん、リフォームでも解決策はあります!
 お気軽にご相談ください。