結露が原因で窓のカビを掃除するのが大変…。

冷たくなってしまった窓などに暖かい水蒸気が触れることで発生してしまう結露は、主に冬場によく見られます。「たかが結露」「拭き取ってしまえば大丈夫」と思われがちですが、結露を放置しておくと、窓や壁にカビが発生する原因となり、衛生的にも好ましくありません。もしも結露が発生しやすい場合には、早急な対応が必須です。

結露を防ぐ有効策としては、サッシの交換や内窓の設置、断熱改修などが挙げられます。

上記のような対策をとったおかげで、これまで冬は窓が開かないほど結露が発生していたが、全くなくなりました。ガラスの結露を拭き取る必要がなくなったため、手間も大幅に減りました。

結露が原因で窓のカビを掃除するのが大変…。
長年住んできたお家の外壁にひび割れが…。雨漏りするようになった…。

建てた時はきれいな家も、長年住んでいると、どうしても劣化してきます。特に常に風雨にさらされている外壁は、ひび割れなども目立ってきます。「少しくらいのひび割れなら…」と放置されがちですが、そんなちょっとしたひび割れから雨水が浸入すると、家の内部から腐らせてしまう要因になります。

外壁補修は様々ですが、塗装の塗り替え・外壁材の交換など一番良い方法をご提案いたします。ひび割れ部分をしっかりと塗装することで、雨水の浸入も防ぐことができます。

外壁塗装を施し、ひび割れを補修することができました。さらに楽しみながら、外壁の色を選ぶことができ、理想の色になりました。

 外壁補修の一番の方法は、外壁塗装です。ひび割れ部分をしっかりと塗装することで、雨水の浸入も防ぐことができます。
帰ると家が寒い…過ごしやすい暖かい家で生活したい!

扉も窓もしっかりと閉じているのに、なぜか部屋の中が寒い。そんな時は、部屋の断熱性が不十分である可能性があります。部屋の中が寒いと、快適に過ごせないだけでなく、ヒートショック現象といった命に関わる症状を引き起こす恐れもあります。誰もが安心できる安全な家づくりに断熱性は必要不可欠な要素なのです。

家全体を暖かい状態に維持するためには、断熱改修が最適です。天井や壁、床などに断熱改修を施すことで、断熱性・保温性を高めることができます。部分的な断熱改修でも効果があります。

断熱改修を行ったおかげで、これまでストーブを2台使っていたような状況でも、1台に減らすことができました。さらにストーブを消しても、高い保温性のおかげで、すぐに寒くなることもなく、光熱費の削減にもつながりました。

 家全体を暖かい状態に維持するためには、断熱改修が最適です。天井や壁、床などに断熱改修を施すことで、断熱性・保温性を高めることができます。
高齢化により、親の足腰が不自由になってきた…。

人間は誰しも歳をとります。どれだけ元気だった人でも、加齢によって足腰が弱くなり、いずれは日常生活もままならない状態になってしまいがちです。そうした時に自宅がしっかりとバリアフリー化していれば、安心して老後を過ごすことができます。逆にバリアフリー化されていないと、自宅といえでも危険エリアとなってしまいます。家族が安心して過ごせる空間を確保するために、バリアフリー化が急務です。

バリアフリー化と一口に言っても、手すり設置などの小規模なも のから、床全体の段差解消など大規模なものまで、多種多様です。 お客様のご要望とご予算をお聞きした上で、最適なバリアフリ ー化をご提案いたします。

手すりやスロープといった移動経路の安全性向上を図ったところ、歩きやすくなり、不安が解消され安心に暮らすことができるようになりました。そして、これまで家に閉じこもりがちだった親が外出に前向きになりました。

高齢化により、親の足腰が不自由になってきた…。
キッチンなどの水廻りを使いやすくしたい!

キッチンやトイレ、お風呂、洗面所などの水回りは、日々使う場所だからこそ、少しでも使いやすい状態にしておきたいもの。例えば、キッチンの高さ一つをとっても、高すぎても低すぎても身体に負担がかかってしまいます。その場所を使う人のことをしっかりと考えた水回りでなければいけません。

キッチンカウンターを広くしたり、最適な高さのキッチンに交換 したり、さまざまな解決方法が考えられます。
その他、収納力アップやIHヒーターの導入など、お客様のご要 望に応じたリフォームを行います。

お客様のご要望通りにリフォームしたことで、使いやすくなっただけでなく、きれいにもなったと大好評。水回りリフォームは、小規模から大規模まで柔軟に対応できるので、お客様のご要望を反映しやすいリフォームともいえます。

キッチンなどの水廻りを使いやすくしたい!